ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











株式会社UNEXT

『この世界の片隅に』 U-NEXTにてデジタル先行配信スタート! 公式本が実質無料になるキャンペーンも実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
'17/05/09 16:45
提供元:@Press
その他エンタメ
その他IT
インターネット
映画
U-NEXTポイント
片渕須直
こうの史代
すず
片隅
劇場アニメ公式ガイドブック
この記事をブックマークへ追加する

株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:宇野 康秀)が運営する映像配信サービスU-NEXT(以下「U-NEXT」、URL:http://video.unext.jp)では、平成29年5月10日より、『この世界の片隅に』のデジタル先行配信を開始いたします。



『この世界の片隅に』は、日本中の想いが結集して生まれた、100年先に伝えたい珠玉のアニメーション映画です。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描いています。 


監督を務めるのは、「マイマイ新子と千年の魔法」で注目された片渕須直。アニメーション制作は、テレビアニメ「坂道のアポロン」や「てーきゅう」シリーズなどのMAPPAが担当しています。6年もの歳月をかけ、こうの史代の原作の世界観を丁寧に映像化しました。 


ヒロインを演じるのは、女優・のん。大切なものを失いながらも、明るく前を向いて生きるすずに、命を吹き込みます。さらにコトリンゴの優しく力強い音楽が全編を彩り、全世代に静かで確かな勇気を与える感動作です。 


本作はインターネットで広く資金を集める「クラウドファンディング」で製作資金を調達したことでも話題になり、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ数多くの映画賞を受賞する等、空前のヒット作となりました。観客動員数は、広島市内の上映館で平成28年11月の封切り以降、史上最高の3万人を突破。口コミで評判が広がり、これまでアニメをあまり見ないと言われていた中高年層にも拡大し、平成29年3月下旬には興行収入が25億円を超える、空前のヒット作となりました。 


もう一度見たい、またすずさんに会いたい、というリピーターが多かった 『この世界の片隅に』。明日(平成29年5月10日)よりU-NEXTでは2,500円にてデジタル先行販売いたします。 


なお、U-NEXT限定で、映画と書籍(「この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック」)の“両方”を購入すると書籍分が実質無料になるキャンペーンも実施いたします。(URL:http://video.unext.jp/feature/cp/konosekai/?rid=PR00080



▼『この世界の片隅に』  

【販売期間】 

平成29年5月10日〜平成29年11月9日 


【価格】 

2,500円(税抜)(一度ご購入いただくと、いつでも何度でもご覧いただけます。) 

【作品 URL】 

http://video.unext.jp/title/SID0029241/?nfignore=1&rid=PR00080 


【特集・キャンペーンページURL】 

http://video.unext.jp/feature/cp/konosekai/?rid=PR00080



【キャンペーン内容】 

期間中(平成29年5月10日~平成29年6月30日)に映画と書籍「この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック」の両方を購入した方に、もれなく書籍分のポイントをプレゼント!* 


・書籍「この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック」 

片渕須直監督や原作者のこうの史代さん、キャストの面々などにインタビュー。製作の舞台裏まで、『この世界の片隅に』をより深く知るためのバイブル的存在。全104ページ。

<価格:1,440円(税抜)> 


*プレゼントキャンペーン内容 

●キャンペーン期間は予告なく変更する場合があります。 

●ポイントバックは、映画、書籍の両方を購入した翌月の実施を予定しております。

●対象者は、翌月1日の時点で「見放題サービス会員」である方に限ります。 




【この世界の片隅に】 

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していくなかで、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20年の夏がやってきた。




■映像配信サービス U-NEXT 

配信本数約120,000本(※1)をラインナップしている、日本最大級の映像配信サービスです。 

ハリウッドメジャースタジオの作品を含む洋画、邦画、ドラマ、アニメ、キッズ、音楽・アイドル、ドキュメンタリー、バラエティなど、あらゆるジャンルのコンテンツが、最新作はU-NEXTポイント(※2)で、準新作・旧作は定額見放題(※3)でお楽しみいただけます。 

地上波で放送中のドラマやアニメの見逃し配信や、最新映画もDVDやブルーレイの発売やレンタル開始と同日に配信されるので話題作もすぐにチェックできます。

マルチデバイスに対応しているため、PC・スマートフォン・タブレットPC・対応テレビ等で、いつでも、どこでもお楽しみいただけます。



●ジャンルのご紹介 

多彩なジャンルと充実のラインナップで、お客様の「見たい!」にお応えします。

「洋画」、「邦画」、「海外ドラマ」、「韓流・アジアドラマ」「国内ドラマ」、「アニメ」、「キッズ」、「音楽・アイドル」、「ドキュメンタリー」、「バラエティ」、「コミック書籍」、「雑誌」、「音楽」、「カラオケ」、「その他」

*デバイスによってお楽しみいただけるコンテンツが異なります。



●U-NEXT サービス内容 

・ビデオ見放題サービス:1,990円(税抜)/月 毎月1,000円分のU-NEXTポイント付き 

あらゆるジャンルのコンテンツが見放題でご覧いただけるサービスです。 

→毎月付与される1,000円分のポイントは、ポイント対象のビデオコンテンツ、および電子書籍でご利用いただけます。 

→ポイント不足分や、レンタル作品・販売作品は別途料金がかかります。


--------------------------

(※1)平成29年4月24日時点。カラオケのタイトル数を含みます。 

(※2)U-NEXTポイントのご利用は[ポイント]もしくは[ポイントOK]アイコンが付いた作品が対象です。(1ポイント=税込1円)U-NEXTポイントには有効期限があります。ポイントの失効日はメニューの[アカウント]で確認できます。 

(※3)定額見放題・・・ビデオ見放題サービスへのお申込み、U-NEXTカードのご購入で、対象作品が見放題となります。見放題以外の有料作品、またポイント不足分は別途料金が発生します。U-NEXTカードについての詳細は(http://video.unext.jp/tieup/card/index)にてご確認ください。


画像1
画像2

この記事に関連するニュース一覧

“株式会社UNEXT”のリリース一覧

株式会社UNEXTの企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2017 newsnavi.jp