ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











ワイズ株式会社

1/13に13番目の専門スタジオ『X BODY Lab 赤坂』が赤坂に誕生!たった20分で3~4時間分の運動量が話題を呼び、プロアスリートや芸能界も注目のEMS機器ブランド「X BODY」が店舗拡大中

このエントリーをはてなブックマークに追加
'18/01/10 10:00
提供元:DreamNews
旅行
レジャー
趣味
スポーツ
X BODY Lab
XBody Hungary Kft
X BODYトレーニング体験
X BODYトレーニング
この記事をブックマークへ追加する
ワイズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:八木 亜紀)は、全身型EMS※1
トレーニングシステム「X BODY」※2(エックス ボディ)を使用したパーソナルトレーニングが受けられる専門スタジオ『X BODY Lab 赤坂』※3(以下、赤坂スタジオ)を2018年1月13日(土)にグランドオープンします。

また、2018年1月13日(土)~2018年6月30日(土)の期間限定で「2大特典付きオープニングキャンペーン」を実施します。期間内にX BODYトレーニング体験に申し込むと通常3,000円※4の体験料金が0円になり、さらに体験当日に入会すると通常30,000円の入会金も0円になるお得なキャンペーンです。

※1. 電気刺激により筋肉を収縮させる運動機器
※2. メーカー:XBody Hungary Kft.、輸入総代理店:株式会社イープラスユー(本社:東京都港区、代表取締役:坂本圭介、http://xbody.jp/
※3. X BODY Labは、株式会社イープラスユーが展開するX BODY 専門スタジオのブランド名。赤坂スタジオを含め、全国で13店舗を展開中。
※4. 本プレスリリースに記載されている価格はすべて税別表示

「X BODY」は、ヨーロッパを中心に世界52ヶ国に導入されているEMS機器の次世代トレーニングマシンです。日本には2015年3月に初上陸し、オリンピック金メダリストの元水泳選手や現役プロゴルファーなど多くのアスリートや現役モデルに活用されています。

トレーニングでは、全身の約80%~90%の筋肉を同時に刺激することができる専用ボディースーツを着用し体を動かします。「X BODY」は、筋肉を発達させ体を大きくするバルクアップやシェイプアップ、体幹強化など目的に合わせて電気刺激の強度や深度、周期を自由にコントロールすることができ、わずか20分で一般的なスポーツジムで行う筋力トレーニングの3~4時間分に相当する運動効果を得ることができます。

赤坂スタジオでは、担当トレーナーがお客様の目標やレベルに合わせ、オーダーメイドでプログラムを組み立てる完全マンツーマンのパーソナルトレーニングを実施し、運動が苦手な方や高齢者はもちろん、トレーニング上級者にも満足いただけるようなボディメイキングをお手伝いします。

トレーニングプログラムは、全身型EMSトレーニングを行う(1)「X BODY」、高周波マシンの深部温熱効果を活用した(2)「高周波セルライトケア」、(3)高周波ストレッチ、EMSによる表情筋トレーニング(4)「KENGAN」(健顔)の4つがあり、各プログラムごとに初回限定の「体験トレーニング」も用意しています。
来店にあたり持ち物は一切不要、ウエアやタオル、シャワーを完備しているので手ぶらで通えます。
【X BODY Lab 赤坂のスタジオ概要】
■店名: X BODY Lab 赤坂
■住所: 〒106-0047 東京都港区赤坂5-4-6 赤坂三辻ビル2F
■交通アクセス: 東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩10秒
■営業時間: [平日]10:00~22:00 [土日祝]10:00~20:00
■定休日: 第3日曜日、年末年始
■TEL: 03-6277-7149
■Facebook: https://www.facebook.com/xbodylab.akasaka/
■Instagram: https://www.instagram.com/xbodylabakasaka/
■通常利用料金:
[入会金] 正会員30,000円
[施設利用料] 月会費(正会員12,000円/月)、1回コース(7,000円/回)、チケットコース(5,950円~/回)
■注意事項:
・入会金と月会費は、会員タイプ(正会員・家族会員・グループ会員・ペア会員・法人会員)により金額が異なります。詳細は店舗にお問い合わせください。
・未成年者のお申込みには親権者の同意が必要です。


【キャンペーン概要】
■キャンペーン名: 2大特典付きオープニングキャンペーン
■キャンペーン期間: 2018年1月13日(土)~2018年6月30日(土)
■対象者: 「X BODY Lab 赤坂」のご利用が初めての方
■特典:
(1)通常3,000円のX BODYトレーニング体験料金を0円で提供します。
(2)さらに、体験当日の入会で、通常30,000円の入会金も0円になります。

【X BODYトレーニング体験の内容と流れ】
■所要時間: 計60分(目安)
■当日の流れ: トレーニング前の準備(体験申込書のご記入・お着替え) [15分]→X BODYトレーニング[20分] →カウンセリング[10分] →シャワーとお着替え[15分]
■お持ち物・服装: 特別なお持ち物は不要です。ご自由な服装でご来店ください。
■注意事項: 体験当日、ご予約時間の最長10分後までにご来店頂けない場合にはご予約をキャンセルとさせて頂きますので、あらかじめご了承ください。
■お申込み方法: 右記Webページからお申込みください。https://xbody-premium.com/contact/
赤坂スタジオでは、2016年まで元プロ野球選手として横浜DeNAベイスターズに所属していた渡邊 雄貴がスタジオマネージャーを務め、野球とは無縁の女性中心の美容の世界で第2の人生の真剣勝負をします。
【渡邊雄貴のコメント】
「元プロアスリートで培ったトレーニングメニューでお客様にあったメニューを組み毎回満足して帰ってもらえるように取り組みます」
XBODYというEMSを使ったトレーニングが日本で知られるようになり興味を持ち、ワイズ株式会社に入社しました。実際に自分自身もXBODYトレーニングの体験を受けました。
元プロアスリートの筋トレバカで週4以上のウェイトトレーニングをしていましたが、今までにない感覚で普段鍛えられない部分もEMSで鍛えられ器具をほとんど使わない自重トレーニングでした。なので、重りを変える時間もなく短時間(20分)で全身万遍なく鍛えられ汗も普段のウェイトトレーニングの倍以上かきトレーニング後1週間の筋肉痛でさらにEMSトレーニングの効果を知りました。その体験をしてこれはダイエット、筋力アップ出来る最新のトレーニングだと思い皆様に体感してほしいと感じてます。その中でもお客様とのコミュニケーションを大事にしており、気軽に体の悩みを相談してもらいその悩みに対しメニューを組み毎回メニューを変えて楽しみながらトレーニング出来るように取り組んでいます。特にお腹周りのトレーニングは自分が知っているメニューであったり調べて実際にやってみたりしてこれは使えるなど考えながら取り組んでおり、お腹周りのメニューは豊富です。お客様がお店に1歩入った時に気持ち良くトレーニング出来るようにと「よしっ、今日もトレーニング頑張ろう!」と思ってもらえるように、ウェアを綺麗に畳んでお渡ししたり、道具が綺麗にまとまっているかゴミが落ちてないかなどの掃除、整理整頓を常に気にして心掛けております。その中でお客様から「今日のトレーニングメニュー凄くよかった」との一言でもっといいメニューを組みたいと思います。他にも体組成計で体を測って数値に現れているとお客様と一緒に喜び一緒に頑張れます。お互いが満足を得られるのがやりがいです。これからX BODYを通じてEMSトレーニングをもっと知ってほしいと思っております。


【ワイズについて】
近年、消費者向けの廉価なEMS機器の普及が進む中、ワイズでは2018年が日本における“EMS拡大の年”になると考えています。加えて、日本人の平均寿命が拡大する中で、30~50代女性にとって「美しいまま年を重ねたい」という美容寿命延伸への関心度はさらに高まると考えます。美を保つことは筋肉を増やすことで、筋肉=若さ、筋肉の衰え=老化という事実を私たちは重要視します。私たちは、「人々の理想の毎日を実現し続けるためにーひとりのお客様、1回のパーソナルセッション、そしてひとつの筋肉から」を事業のミッションに掲げ、すべてのお客様へ最高のX BODY Lab体験(EMS効果)を提供し、日本人の健康寿命に加えて美容寿命を10年延伸して、世界に誇れる健全な美容・健康文化の創造に貢献します。


【会社概要】
会社名:ワイズ株式会社
設立:2017年2月
代表取締役社長:八木 亜紀
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木5-14-23
TEL/FAX:03-6409-6389
事業内容:「X BODY Lab」の運営


【本件に関するお問い合わせ】
会社名:ワイズ株式会社
担当者:八木 亜紀
TEL/FAX:03-6409-6389
E-Mail:info@ys8.co.jp

この記事に関連するニュース一覧

ワイズ株式会社の企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2018 newsnavi.jp