ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











株式会社ヒルダ

「低糖質ライフを美味しくする コラーゲンスナック・アンダカシー」のお知らせ ●糖質ゼロ●高タンパク●沖縄県産豚使用 4月15日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
'18/05/14 17:00
提供元:DreamNews
飲食
料理
糖質
タンパク質
MEC食
アンダカシー
こくらクリニック院長
この記事をブックマークへ追加する
おいしい・やせる・きれいに……
沖縄生まれの糖質ゼロのコラーゲンスナック

糖質制限をされている方への贈り物にも

●糖質ゼロ●高タンパク●沖縄県産豚使用

沖縄で生まれた糖質ゼロのコラーゲンスナック「アンダカシー」。沖縄で昔から愛されてきた、豚のラードをとるために豚皮を炒めて残った脂かすのおやつを食べやすくアレンジしました。

アンダカシーは糖質ゼロで、人間に必要な必須栄養素である「タンパク質」や「脂肪」を豊富に含みます。

おやつやおつまみとして、そして食材としても楽しめるアンダカシーは、低糖質ライフの美味しいパートナーとしてはもちろん、大切な方へのとっておきの贈り物としても最適です。

商品名:アンダカシー
価格:2,700円(税込)
容量:30g×10袋(カレー・うす塩・ペッパー・チーズの4種類入り)
販売:「ドクターズマルシェ」https://store.shopping.yahoo.co.jp/doctorsmarche/

販売:株式会社ヒルダ
東京都千代田区四番町3 番町MKビル402 TEL 03-3512-2766 FAX 03-3512-2768
製造元:龍華 沖縄県うるま市字川崎239-1
<アンダカシーをつまんでみるべき10の理由>

1カラダにうれしい糖質ゼロ!
糖質は「ゼロ」(100g中0.4g以下)。ダイエットや健康のため、病気の治療などのために糖質を制限されている方にも安心です。

2タンパク質をサクッと摂れる!
100g中タンパク質45.2g。健康な毎日のおやつやおつまみとして、体質改善を図る話題の「MEC食」を実践されている方にも最適です。

3天然のコラーゲンたっぷり!
お肌や髪、爪を美しく保つのに役立つと言われるコラーゲンも豊富で、健やかな美しさを美味しく応援します。

4健康に欠かせない脂質も豊富!
三大栄養素の一つである脂質は100g中52.4g。揚げ油も豚自体の脂なので、酸化や「アクリルアミド」の害もありません。

5添加物・保存料を使わず産地直送!
加工食品の保存料としてよく使われる酸化防止剤などの添加物は不使用。お子さんのおやつにも安心してオススメできます。
6100%沖縄県産の良質な豚を使用!
原材料として使われるのは、沖縄県産の豚。高品質な素材を新鮮なうちに現地で加工するので美味しさは格別です。

7パリパリ食感がクセになる!
スナック菓子が好きだけど、ダイエット中で控えているという方へ。糖質ゼロでタンパク質が豊富なアンダカシーは、食べごたえのあるパリパリ食感。携帯サイズのチャック付き仕様が、ダイエッ
ト中のあなたを支えます。

8釜揚げ、手作りの美味しさ!
沖縄で伝統として受け継がれた製法を守り、すべて釜揚げ、手作りにこだわった他にない深い味わいをお楽しみいただけます。

9食材としても美味しく使える!
そのままスナックとして食べるのはもちろん、煮物や炒め物、焼きそばやカレーの具として使っていただくとお料理のアクセントになります。

10健康を気にする方のギフトに!
糖質制限をされている方や健康に気遣っている方への贈り物は難しいもの。そんな方にも自信をもっておすすめできるこだわりの逸品です。

<推薦の声>

アンダカシーは、MEC食を実践している人には、オススメの一品。
渡辺信幸医師(沖縄・こくらクリニック院長)

「糖質制限」は多くの人に認知されるようになりました。“炭水化物=太る”のイメージが浸透するほど。ところが、糖質を減らす、抜くことだけが注目され、栄養失調に陥る人も現れました。

じつは、糖質制限だけでは健康を害します。私が指導する「MEC(メック)食」は、「(1)肉・卵・チーズを食事の中心にして必須栄養素を満たす、(2)一口30回かんで食べる」が基本ルール。

離島医療に携わってきた経験から、誰もが簡単にできて継続できるMEC(肉meet・卵egg・チーズcheese)食にたどり着きました。

<肉・卵・チーズ>でタンパク質と脂質など必要な栄養素を十分に摂取して、糖質中心の一般的な食事で陥った栄養不足を解消するのです。よく噛むことで、早食いや食べ過ぎを防ぎます。

MEC食で健康的にやせ、血糖値・中性脂肪値・尿酸値などの数値がすべて正常化した患者さんは大勢います。血圧やコレステロールの薬の服用をやめたケースも無数にあります。

MEC食では、ラード(豚脂)やバター、牛脂などの動物性脂肪を積極的に摂るよう勧めています。肉の脂肪分には人の体内では合成できない必須脂肪酸が含まれています。体に必要な栄養素を摂らないから、体調を崩したり病気になったりするのです。

アンダカシーの栄養素はタンパク質と脂質。1袋でカラダをつくるタンパク質と必須栄養素である脂質がそれぞれ約15gも摂れます。さらに糖質ゼロで、食べても血糖値はほとんど上昇せずダイエットにも最適です。ほどよい食感と腹持ちのよさが空腹を満たします。MEC食を実践している人には、オススメの一品です。

渡辺信幸(わたなべ・のぶゆき)
こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991年、名古屋大医学部卒業後、医療法人沖縄徳州会中部徳洲会病院に入職。伊良部島診療所院長、宮古島、石垣島徳洲会病院、徳州会新都心クリニック院長を経て、2010年6月、徳州会こくらクリニック(那覇市)院長に(現職)。離島、救急医療の経験から、予防医療の重要性を説き、MEC食の啓発活動に至る。著書に『一生太らない体をつくる「噛むだけ」ダイエット』『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな~肉・卵・チーズが健康長寿をつくる』『「野菜中心」をやめなさい~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる』『肉食やせ! 肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111!』。テレビ出演『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京)、『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日)。全国で講演活動。自らがラジオ番組のパーソナリティーを務めるFMレキオ80.6MHz「なべちゃんのレキオでダイエット」も好評。


この記事に関連するニュース一覧

株式会社ヒルダの企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2018 newsnavi.jp