」" />" /> 」" />" />」" />">
ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











リカー・イノベーション株式会社

フルーティ好きに贈る!酵母が生み出す果物のような香りを楽しむ日本酒ブランド「SHINKA」がオンラインストアに新登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
'18/08/07 18:00
提供元:DreamNews
飲食
料理
純米吟醸
三芳菊酒造
KURAND SAKE MARKET
クランドサケマーケット
瀬戸内ポワール
SHINKA
この記事をブックマークへ追加する
リカー・イノベーション株式会社(本社:東京都足立区、代表取締役:荻原恭朗、以下「リカー・イノベーション」)が運営する、全国各地の酒蔵と提携し、日本酒を中心としたオリジナル商品を開発・販売するオンラインストア「KURAND(クランド、以下「KURAND」)」は、酵母が生み出すフルーティな香りをもっと楽しむ日本酒の新ブランド「SHINKA」を開発しました。それに伴い、徳島県・三芳菊酒造と共同開発した、トロピカルフルーツのような香りが楽しめる日本酒「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」と、愛媛県・千代の亀酒造と共同開発した、洋梨のような香りが楽しめる日本酒「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール』の2商品を、KURANDのオンラインストアにて、2018年8月7日(火)より販売開始します。同時にKURANDの直営店である「KURAND SAKE MARKET」全店(渋谷、新宿、池袋、上野、新橋、横浜、大宮、船橋)にて、2018年8月7日(火)より提供を開始します。



◆フルーティー好きに贈る!テロワール酵母が生み出す果物のような日本酒

▲「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」
▲「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」

酵母が生み出す日本酒のフルーティーな香りをもっと楽しむために生まれた日本酒「SHINKA」。「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」には徳島県の酒蔵・三芳菊酒造が徳島県産の酵母を、「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」には愛媛県の酒蔵・千代の亀酒造が愛媛県産の酵母をそれぞれ使用し、その特性を最大限引き出す仕込み方でつくったフルーティーな日本酒です。

◆“SHINKA”するブランド
「SHINKA」のネーミングには、「新香」+「進化」+「深香」の意味が込められています。日本酒の美しい香りを追求するあくなき探求心と、酵母が生み出すフルーティーな香りをもっと楽しんで欲しいと願う造り手の想いから生まれたブランドです。

◆「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」のこだわり
「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」は、トロピカルフルーツを思わせる多彩で濃密な香りと甘酸っぱい味わいが特徴の日本酒です。フルーティー好きな方に、ぜひおすすめしたい日本酒に仕上がりました。

(1)阿波トロピカルの香りを生み出す徳島酵母
「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」に使用している徳島酵母は、阿波の温暖な気候と吉野川がもたらす豊かな土壌に恵まれた徳島県で開発されました。徳島酵母は、三芳菊酒造と徳島県立工業技術センターが共同で開発した酵母で、香り成分を豊富に生成するのが特徴です。

(2)徳島酵母のスペシャリストによって引き出される香り
三芳菊酒造は徳島酵母を開発した酒蔵で、徳島酵母を知り尽くしたスペシャリストです。その三芳菊酒造では、徳島酵母の特性を生かすため、一般的な仕込みより高温で仕込むことでその豊かな香りを引き出しています。

(3)阿波で育まれた米と水
業界でも評価の高い地元阿波で育った山田錦を全量に使用しています。また、仕込み水には秘境祖谷の吉野川伏流水松尾川の湧き水を使用しています。柔らかい口当たりが特徴の超軟水で、岩場から流れ出る名水として知られています。

(4)トロピカルフルーツを思わせる多彩で甘く濃密な香り
「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」は、トロピカルフルーツを思わせる多彩で甘く濃密な香りと、甘い香りに負けない濃淳な甘みとそれらをまとめるすっきりとした酸味が特徴です。また、風味の特徴を生かすため、加熱処理を一切おこなわない本生のまま瓶詰めしています。

【商品詳細】
商品名:純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル
特定名称:純米吟醸酒
原料米:山田錦(徳島県産100%使用)
精米歩合:60%
酵母:徳島酵母
アルコール度数:16度
日本酒度:非公開
酸度:2.2
アミノ酸度:1.7
商品詳細:https://kurand.jp/brand/shinka/

【醸造元・三芳菊酒造とは】
従来の型にはまらず、幅広い可能性を求めて酒造りをする三芳菊酒造。四国の中央に位置する阿波池田は、日本三大河川のひとつ吉野川の上流で、北は阿讃の山波、南は剣山山系四国山脈の連峰にいだかれた、酒づくりに最適の寒冷な地です。徳島県は酒米では最高峰とされる山田錦の産地でもあります。「三芳菊」はこの山田錦を中心とした徳島県産米を原料として一本一本手造りで造られています。フルーティーな香り、香りに負けない甘み、それらを引き締める酸。三位一体の三芳菊ワールドで、新しい日本酒ファンを生み続けている酒造です。

◆「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」のこだわり
「 純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」は、洋梨(ポワール)を思わせる甘美で豊かな香りが特徴の日本酒です。フルーティー好きな方に、ぜひおすすめしたい日本酒に仕上がりました。

(1)瀬戸内ポワールの香りを生み出す愛媛酵母
「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」に使用している愛媛酵母「EK-7」は、瀬戸内の温暖で豊かな自然を有する愛媛県で開発されました。香り成分を豊富に生成するのが特徴で、愛媛の風土で育った米との相性が良いフルーティーな日本酒づくりに向く酵母です。

(2)愛媛酵母の特徴を引き出す酒造り
千代の亀酒造では、愛媛酵母の特徴である洋梨のようなフルーティーな香りを引き出すため、一般的な仕込みより低温で仕込む「吟醸造り」で発酵させました。また、上槽後すぐに瓶詰め、瓶燗火入れ、冷蔵管理を行うことで、鮮度そのままの状態をキープしています。

(3)瀬戸内で育まれた米と水
お米には、愛媛県内子町の契約農家と蔵人が協力してつくった、愛媛県の酒米「松山三井」を全量に使用しています。また仕込み水には、小田深山を源泉とした軟水の伏流水を使用しています。

(4)洋梨(ポワール)を思わせる甘美で豊かな香り
「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」は、洋梨(ポワール)を思わせる甘美で豊かな香りと、すっきりとした甘味が特徴です。また軟水の仕込み水を使用した、柔らかい口当たりもお楽しみいただけます。

【商品詳細】
商品名:純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール
特定名称:純米吟醸酒
原料米:松山三井(愛媛県産100%使用)
精米歩合:60%
酵母:EK-7(愛媛酵母)
アルコール度数:16度
日本酒度:非公開
酸度:1.5
アミノ酸度:1.0
商品詳細:https://kurand.jp/brand/shinka/

【醸造元・千代の亀酒造】
江戸時代享保元年(1716年)に創業した千代の亀酒造。愛媛県内子町にて300年の時を刻んできました。米への理解をより深めるため、蔵人も田植えから参加し、地元の契約農家と共に減農薬・農薬未使用米を栽培しています。昔から挑戦的かつ大胆な商品開発を続けており、長期熟成凍結酒「銀河鉄道」は地元だけでなく、今でも多くの日本酒ファンに愛され続けています。また、遠心分離機の導入も千代の亀酒造が日本初でもあります。とにかく明るい蔵元が醸す、ここでしかできない酒造りは、万人を笑顔にする魅力的な日本酒を生み続けています。

◆「KURAND」とは
KURANDは、リカー・イノベーション株式会社が運営するストーリーを届ける新しい酒屋です。「日本酒をもっと自由に、もっと楽しく」をコンセプトに、全国各地のまだ表に出ていない、蔵元がこだわり抜いて造る日本酒をお届けしています。KURANDがパートナー酒蔵と一緒にプロデュースした日本酒や梅酒・果実酒を直接購入することができるオンラインストア「KURAND(クランド)」や、時間無制限で100種類の日本酒が飲み比べし放題の日本酒専門「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」、毎月蔵元直送の会員限定酒をお届けする日本酒の定期購入サービス「KURAND CLUB(クランドクラブ)」などを運営しています。
<KURAND HP> https://kurand.jp/

この記事に関連するニュース一覧

“リカー・イノベーション株式会社”のリリース一覧

リカー・イノベーション株式会社の企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2018 newsnavi.jp