」" />" /> 」" />" />」" />">
ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











株式会社クロスメディア・マーケティング

新刊書籍『会社は伸びてるときに売りなさい。』の著者、島袋 直樹(しまぶくろ・なおき)氏の出版を記念し、10月16日(火)東京・八重洲ブックセンターにて出版記念セミナーの開催が決定しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
'18/10/04 11:00
提供元:DreamNews
教育
資格
スキル
ベンチャー
M&
Idealink
TOMIOKA C.P.A OFFICE
イグジット戦略
この記事をブックマークへ追加する
株式会社クロスメディア・パブリッシング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小早川幸一郎)は、新刊『会社は伸びてるときに売りなさい。』を2018年8月1日(水)に発売致しました。

出版に伴い、2018年10月16日(火)に東京・八重洲ブックセンター本店にて、株式会社クロスメディア・マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小早川幸一郎)は、本書籍の著者である島袋 直樹(しまぶくろ・なおき)氏による出版記念トークショー 『ベンチャー起業家に伝えたい M&Aで成功した連続起業家たちのここだけの話』を開催致します。
本書では書きたくても書けなかったぶっちゃけた話を3人の経営者が熱く語ります!

お申込みはコチラ↓↓
https://peatix.com/event/437899/view

-------◆◇イベント・スケジュール詳細◇◆--------

▼トークショーの主なトッピクス
・戦略として持つM&Aという選択
・売れる会社、売れない会社
・売却を決めたあとの社員との関係
・M&Aをした経営者の価値が最大化する理由
・本書では書けないM&Aの実話 など

▼こんな方に来て欲しい
起業の準備中の方
ベンチャー起業家
事業譲渡を検討したい方
上場企業のオーナー様
投資家

▼このイベントに参加して得られること
・M&A(事業売却)の考え方についてのパラダイムシフトやメリット
・登壇者の方々との名刺交換

▼タイムスケジュール
18:30 開場 / 受付
19:00 開始 - 20:30 終了
20:30 - 21:00 質疑応答・著者との名刺交換など

▼参加要項
限定50名(先着順) ※定員になり次第締め切りさせていただきます。
Peatixでのお申し込みでは課金はされませんのでご安心してお申し込みください。
当日書店にて「本書籍」をご購入をいただくと「入場料は無料」です。
入場料:500円 ※参加券のご購入をお願いします。
当日、八重洲ブックセンター 8Fのギャラリー入り口でお支払いとなります。

▼会場場所
〒104-8456
東京都中央区八重洲2-5-1 八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
https://goo.gl/maps/DXXxVTQB9KG2

▼アクセス
・JR東京駅 八重洲南口
・東京メトロ銀座線 京橋駅 7番出口(明治屋出口)

お申込みはコチラ↓↓
https://peatix.com/event/437899/view

▼登壇者プロフィール
島袋 直樹(しまぶくろ・なおき) 氏
「事業は創って売る」をモットーとした事業家集団、IdeaLink 株式会社の代表。 2008 年 に26 歳でインターネット広告代理店を創業し、年商20 億規模にまで成長させる。 2014 年にIPO 準備に取り掛かるも2年 後に断念。 2016 年に同社を分社化し、インターネットメディア運営を主体とするIdeaLink 株式会社を創業。 2017 年12 月に 「フランチャイズの窓口」「クレジットカード比較サイト」のWEBサイトを シェアリングテクノロジー社(東証マザーズ:3989) に2.4 億円で会社分割で売却。 自身のM&A 実体験をもとにベンチャー企業向けのM&A メディア「M&A BANK」を運営中。
HP:https://ma-bank.jp/
facebook:https://www.facebook.com/MandABANKofficial/

宮嵜 太郎(みやざき・たろう)氏
株式会社豆吉郎( 現・西日本新聞社グループ) の創業者。 2005 年 7 月、移動販売会社、 豆吉郎を創業。直営店 とフランチャイズ店を合わせて 25 店舗、販売車両 110 台を西日本を中心に展開。全国最大の移 動販売組 織を構築、運営。2017 年 7 月、西日本新聞社に売却。 売却後、1 年間は取締役会長として経営に携わる。 2018 年7 月より都内のベンチャーキャピタルに参画。 次代の経営者育成に取り組む。

冨岡 大悟(とみおか・だいご)氏
TOMIOKA C.P.A OFFICE 代表。公認会計士。 KPMG /あずさ監査法人の IPO 部に所属。 IPO 関連業務、 M&A の DD、会計監査等に従事。フロンティア・マネジメ ント株式会社にて、M&A アドバイザー業務等 に携わる。その後、オーストラリアに駐在。日系企業の海外進出支援、事業開発業務等に携わる。帰国後、TOMIOKA C.P.A OFFICE を開設。IPO、M&A、資金調達、事業開発等のコンサルティングを行う。同時に、Idealink 株式会社の取 締役 CFO の他、 上場準備会社を中心に 3 社の社外役員に就任。

▼書籍紹介
『会社は伸びてるときに売りなさい。』
著者:島袋 直樹
本体価格:1,480円+税
Amazon:http://amzn.asia/d/7kzLcuT

<<書籍内容>>
ー あなたの会社をどんな会社がいくらで買いたがっているか考えたことありますか?

自分の会社を売るなんて考えたことがないと思う経営者がほとんどです。 もしくは、自分にには関係ないと思っているでしょう。 欧米では企業の売却に関してはポジティブに話され、どんどん企業が大きくなり、 世界中で使われる商品やサービスが生み出されている。 しかし、日本でM&Aや売却に対してのイメージは良くない。 そんなイメージを著者と6人のベンチャー経営者が変えてくれる。

ファンドや上場企業に売却してシリアルアントレプレナー(連続起業家)となった6人のベンチャー経営者 のイグジット理論やベンチャー企業の成長戦略としての売却の考え方、経験を公開。 また上場企業社長とのM&A交渉を経て、彼らが何を望み何を嫌うのかそのポイントに気づき、伝えてくれている。 経営にはスピードが必要。起業するときから知っておくべきリアルな話がここにある。

《目次》
まえがき
第1章 起業家よ、イグジット戦略を抱け! ~会社・事業売却のすすめ
◆なぜイグジット戦略こそ起業家に必要なものだといえるのか
◆起業家にとってのイグジット戦略とは?
◆売却はネガではなく、ポジ。その3つのワケ
◆なぜ〝いま〟イグジットなのか
◆ベンチャー企業にとって、イグジット戦略は相性がいい
◆3ヶ月で上場企業に合計2・4億で売却した私が見た事実
◆中小企業のM&Aは〝秒速〟で決めることができる

お申込みはコチラ↓↓
https://peatix.com/event/437899/view

-------------◆◇◆◇◆◇◆◇--------------
■本件に関するお問い合わせ

会社名:株式会社クロスメディア・マーケティング
担当者:恩田 かや乃
TEL:03-5413-3142
FAX:03-5413-3141
URL:http://www.cm-publishing.co.jp
E-Mail:onda@cm-group.jp
著者への取材依頼・書籍画像・テキストのご要望などはコチラまでご連絡ください。

この記事に関連するニュース一覧

“株式会社クロスメディア・マーケティング”のリリース一覧

株式会社クロスメディア・マーケティングの企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2018 newsnavi.jp