」" />" /> 」" />" />」" />">
ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











吉本興業株式会社

映画『熱狂宣言』の専門カフェ、 熱狂カフェが六本木にオープン! 記念イベント開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加
'18/10/23 18:00
提供元:DreamNews
芸能
エンターテイメント
文化
横澤夏子
カラテカ入江
松村厚久
奥山和由
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
若年性パーキンソン病
この記事をブックマークへ追加する
映画『熱狂宣言』の専門カフェ、
熱狂カフェが六本木にオープン!
記念イベント開催!

若年性パーキンソン病を抱えながら、圧倒的な才気で会社を
東証一部上場企業にまで押し上げた経営者・松村厚久の実像に迫った
ドキュメンタリー映画『熱狂宣言』が、11月4日(日)より、
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開。
監督は、『クラッシュ』以来、15年ぶりにメガホンを取った奥山和由。
プロデューサーとして数々のヒット作を生み出してきた彼が、
苛烈な人生を全身全霊で生きる一人の男に迫り、
観る者に生きる勇気を与える作品に仕上がっている。

この度、映画の公開に先立ち、10月19日(金)に、
映画『熱狂宣言』の専門カフェ「熱狂カフェ」が六本木にオープンし、
オープン記念として、11月23日(火)にイベントが開催された。 
イベントには、本ドキュメンタリーの松村厚久社長、奥山和由監督の他、
カラテカ入江、横澤夏子が登壇し、熱狂カフェの社長にカラテカ入江、
秘書に横澤夏子が就任したことも発表された。

このイベントで、カラテカ・入江は、「松村社長にはプライベートでもお世話になっていて
「カラテカ」なのに「柔道家」といつも言われております。
松村社長の経営するお店では、合コンにも使わせていただいています。
絶対に秘密がバレない。店員さんの口が硬いんです。」とコメント。

続いて、横澤夏子は、「松村社長のお店で、婚活パーティーを
やらせてもらっていた。そこで、今の旦那に出会いました。
その時の決め手は、横澤さんではなく、“ななめざわ”と呼ばれて、
面白くなかったんです。でもそれが決め手です。」とコメント。

映画に出演している松村社長は、映画の出演、仕事について、
「映画の出演は、嬉しいですね。監督が世界の奥山ですから。
仕事については、ストレスなく、自由奔放にやっています。
女性社員には絶対怒らない。モテたくて仕事しているのに、
モテなくなったら本末転倒じゃないですか。」とアピールした。

最後に、奥山和由監督が登壇し、「夜にイベントやりたかったですね。
松村さんは、今日、全然調子出ていない。もっと壊れています。
そばにいると応援したくなる。応援企業が118社ですよ。
松村さんだから応援したくなる。さらに、それに答えるだけの映画になっています。
本作は、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、1館からスタートしますが、
力任せの「カメラを止めるな」になれるか。とにかく映画見てください。」と
映画さながらに、熱狂的に映画をアピールした。

映画『熱狂宣言』は、11月4日(日)より、
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開。

ストーリー
止まったら死ぬぞ! 『熱狂宣言』。なぜ、彼はこんなにも多くの人を惹きつけるのか ――
松村厚久、 51歳。東証一部上場企業・DDホールディングス代表取締役社長。
従業員 約1万人、約500店舗を経営、年商 約500億円。
「外食界のスター」 「革命児」 「天才」 「ビックマウス」 「不思議ちゃん」 ・・・
数々の異名を持つ男。自らを“幸運な人間”だと断言する彼は、
13年前から 難病・若年性パーキンソン病を患っていた――。

製作・監督:奥山和由 出演:松村厚久
音楽:木下航志 プロデューサー:江角早由里
2018年/日本/カラー/DCP/2ch/77分
(C)2018吉本興業/チームオクヤマ

◆公式HP:http://www.nekkyo-sengen-movie.com/
◆Facebookhttps://www.facebook.com/nekkyosengen.movie
◆Twitter:https://twitter.com/NekkyoSengen


この記事に関連するニュース一覧

“吉本興業株式会社”のリリース一覧

吉本興業株式会社の企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2018 newsnavi.jp