」" />" /> 」" />" />」" />">
ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











株式会社エールデザイン

写真家の萩庭桂太氏の一言から生まれたショートタイプのカメラ用ネックストラップ『IND-540シュリンクレザーストラップ70cm(二重カンタイプ)』を2019年1月10日に発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
'19/01/10 16:30
提供元:DreamNews
旅行
レジャー
趣味
スポーツ
半杭
萩庭桂太
INDUSTRIA
IND-540
IND-450 Type-H
国産牛革シュリンクレザー
この記事をブックマークへ追加する
INDUSTRIAの販売代理店(株)エールデザインは、カメラバッグやペンケース等のブランド『INDUSTRIA』公式通販サイトで、しなやかな国産牛革シュリンクレザーを使用したショートタイプのカメラ用ネックストラップ『IND-540 シュリンクレザーストラップ70cm(二重カンタイプ)』を2019年1月10日に発売開始しました。

製品URL:
https://industria-tokyo.com/camerastrap/ind-540/
■IND-540の特長
写真家の萩庭桂太氏の一言から生まれた『IND-450 Type-H』は、しなやかで上質な国産牛革シュリンクレザーを使用したショートタイプのカメラストラップです。
首から下げると、丁度カメラが胸の位置で安定し、顔に近い分、縦位置も横位置も速射性が高まります。
95cmストラップと合わせると、往年の戦場カメラマンの様に焦点距離の違うレンズを着けた2台下げでどんな状況にも対応しやすくなります。
※参考写真は本製品70cmと他製品95cmサイズストラップを2台下げしたもの。

肩の負担を減らすため、先端からゆるやかなカーブを描き、首かけ部分が30mmと幅広の仕様になっています。また先端を12mmにし、手に巻きつけやすくしました。
ほとんどのカメラの吊り金具に対応する二重カンタイプなので、ストラップ金具が二重カン・三角カン仕様のミラーレスカメラや一眼レフカメラにお使いいただけます。

東京 下町浅草の職人が丁重に仕上げました。高級感のある専用ボックス入りなので、プレゼントにも最適です。

製品URL:https://industria-tokyo.com/camerastrap/ind-540/
■IND-540の概要
・商品名 シュリンクレザーストラップ70cm(二重カンタイプ)
・商品番号 IND-540
・発売日 2019年1月10日
・販売価格 7,200円(税抜)
・カラー ブラック
・サイズ 全長 700mm
     首掛け部分最大幅 30mm
     先端巾 12mm
     二重カン内径 11mm
・重量 30g
・主材質 シュリンクレザー(国産牛革)
・生産国 日本
・JAN ブラック:4589770432069
・URL https://industria-tokyo.com/camerastrap/ind-540/
◎INDUSTRIA(インダストリア)について
INDUSTRIAは、30年以上にわたりバッグなどのデザイン・製造・販売を手がけてきた、プロダクトデザイナー 半杭 誠一郎(はんぐいせいいちろう)氏が代表を務める『株式会社HANGUIプロジェクト』によるカメラバッグブランド。
自身も日本広告写真家協会正会員であり、プロカメラマンでもある半杭氏が生み出す製品は、機能性・実用性を検証し、細部までこだわり抜いて開発し、報道カメラマンによる長期の実用テストを経て商品化されたものばかりです。
シンプルで軽く、流行、性別、年齢を問わず、 10年、20年と長く使い込むほどに愛着が増していく。そんな“ものづくり”を実践しているブランドです。

◎株式会社エールデザインについて
様々な企業の魅力的な商品やサービスをインターネット販売サイトの構築から運営・受注・発送まで、ワンストップで請け負う、インターネット通販サイトの運営専門会社。
多様な商材を販売している実績と数多くのノウハウから、商品とお客様を効果的に結びつけるお手伝いをしております。

■本件に関するお問い合わせ
会社名:株式会社エールデザイン
担 当:鈴木
所在地:東京都品川区平塚1-11-10
TEL:03-3786-3101
URL:https://ailedesign.co.jp/

この記事に関連するニュース一覧

“株式会社エールデザイン”のリリース一覧

株式会社エールデザインの企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2019 newsnavi.jp