」" />" /> 」" />" />」" />">
ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











ポジティブワン株式会社

Tracealyzer for Amazon FreeRTOSの販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
'19/01/11 17:30
提供元:DreamNews
IT
通信
コンピュータ技術
ストリーミング
Segger J-link
Amazon FreeRTOS
Percepio AB
パーセピオ
Richard Barry
この記事をブックマークへ追加する
ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Percepio AB(パーセピオ)社Tracealyzer for FreeRTOSの販売を2019年1月11日より開始いたします。Tracealyzer for FreeRTOS は、デバッガの低レベルの視点と全体像を補完する25以上のグラフィカルビューを通じて、FreeRTOSおよびAmazon FreeRTOS(FreeRTOS)ソフトウェアの実行時の動作を視覚化します。FreeRTOSの創設者、Richard Barry氏とPercepio AB(パーセピオ)社によって開発されたトレースレコーダーライブラリに依存しています。レコーダーライブラリはCのソースコードで配布され、Tracealyzerアプリケーションディレクトリにも含まれています。

Tracealyzerを使用するために特別なトレースデバッガは不必要です。レコーディングはフィールドでの使用に適しており、Releaseでビルドしてもデフォルトで記録を有効にできます。今まで分析するのが困難であったトレース診断を取得できるようになりました。

FreeRTOS用のTracealyzerは、ほとんどの開発ツールで使用できます。MCUを含む32ビットプロセッサ用に設計されており、RAMおよびROMの使用量を最小限に抑えるように構成できます。以下にリストされている一般的な開発ツールのためのプラグインと統合も提供します。

◆AWSパートナー
AWS IoTの発売以来、Percepio AB(パーセピオ)社はAWSスタンダードテクノロジパートナーです。AWSパートナーネットワークのブログ投稿をチェックしてください。AWS IoTアプリケーションでTracealyzerを使用してできることについて説明しています。

◆Microchip社Atmel Studioの拡張トレース機能
TraceRizer for FreeRTOSは、Microchip GalleryにあるAtmel Studioの拡張機能として利用できます。

◆Microchip社MPLAB X IDEの拡張トレース機能
MicrochipのMPLAB X IDE用のプラグインを提供して、トレースのアップロードを非常に簡単にします。

◆IAR社IAR Embedded WorkbenchIAR Embedded Workbench
Tracealyzerで使用するためにIAR Embedded Workbenchを利用できます。

◆Segger社J-linkの拡張トレース機能
TracealyzerはSEGGER J-Linkデバッグプローブと統合されており、IDEがなくてもトレースデータを直接Tracealyzerにアップロードできます。これはストリーミングトレースとスナップショットトレースの両方をサポートし、他のツールやIDEと並行して使用することができます。

◆2つの主要なトレースモード
Tracealyzer for FreeRTOSには、明示的にアップロードされるまでトレースデータをターゲット側のRAMバッファに保持するスナップショットモード と、データをホストPCに継続的に転送するストリーミングモードの 2つの主要なトレースモード があります。

Tracealyzerは.binまたは.hex形式の基本RAMダンプからトレースを抽出できるため、スナップショット記録は基本的にすべてのデバッガで機能します。この目的のために、Eclipse、Microchip MPLAB X IDE、Atmel Studio 7などのプラグインも提供しています。

ストリーミングは、特定のインターフェースへのストリーミング方法を定義するいくつかのマクロを含む小さなヘッダファイルであるストリームポートを介して処理されます。SEGGER J-Linkプローブ用、ITM / SWO用(IARやKeilなどに対応)、USB CDC接続用(STM32用など)、TCP / IP用(lwIP用など)に定義済みのストリームポートを提供します。あなた自身のストリームポートを定義するための-forward。例えば、メモリカードまたは他の利用可能なインターフェースにストリーミングするため。RTOSトレースから得られるデータレートは通常20~200 KB/秒です。

視覚化は非常に敏感であり、ストリーミングを使用するときの記録長に対する固定された制限はありません。Tracealyzerは、数百万のイベントを含むトレースを簡単にロードして表示します。

すべてのTracealyzerバージョンは、完全な機能を備えた評価期間を提供し、デモトレースも含まれているため、1行のコードを書くことなくTracealyzerの機能を調べることができます。

デフォルトでは、Tracealyzer Recorder Libraryは2種類の情報のトレースを可能にします。
(1)コンテキストスイッチやRTOS API呼び出しなどのRTOSカーネルイベント
(2)デバッグロギング、状態変更、およびアプリケーションコード内のユーザーイベント変数値

◆Amazon FreeRTOSの「Secure Socket」APIが拡張システムを使用したトレース
Tracealyzer 4.2.9のリリースに伴い、開発したアプリケーションをトレースする第三の方法を追加したレコーダー trcExtensionsを利用します。これらの内蔵モジュールを使用すると、ミドルウェアAPI、ドライバAPI、またはその他のトレースしたい重要な関数など、ライブラリ関数呼び出しのトレースを簡単に追加できます。

対象となる関数のコードを変更する必要はありません。トレースされたAPIを使用してアプリケーションのソースコードファイルに追加する必要があるのは、#include1行だけです。残りは、エクステンションの定義に基づいて、プリプロセッサとトレースレコーダによって処理されます。

Amazon FreeRTOSでこれらの拡張機能を使用してトレースを有効にするには、Tracealyzer 4.2.9以降を実行していることを確認して、次の手順に従います。Tracealyzerのユーザーマニュアルに記述されているようにトレースレコーダーライブラリを統合し、ストリーミングモード用に設定します。コードを再コンパイルして、Tracealyzerの記録をストリーミングモードで実行します。新しい関数呼び出しイベントがトレースに表示されます。必要に応じて、trcExtensions.hのインクルードをコードベースに残しておくことができます。これにより、トレースが無効になっている場合でもトレースラッパー関数は使用可能になりますが、元の関数を呼び出すだけなので、コンパイラの最適化によって排除される可能性があります。

◆簡単な拡張
拡張は通常、特定のAPI、つまりデバイスドライバやミドルウェアライブラリなどの関連機能のグループ、またはアプリケーションの特定のモジュールに対して行われます。自動関数トレースは、拡張ヘッダーファイル内のプリプロセッサ定義に依存します。これは、選択された関数名を対応するトレースラッパー関数を参照するように再定義します。ラッパー関数は、トレースレコーダーライブラリを呼び出して呼び出しに関するイベントを格納してから、元の関数を呼び出します。戻り値はすべて伝播されるため、トレースは機能的に透過的になります。

【Percepio AB(パーセピオ)社】
Percepio社は、2009年に設立され、スウェーデン・ベステルオースに拠点を置き、組み込み型ソフトウェア用の高度な視覚的ランタイム診断ツールを開発しました。製品であるTracealyzerが、直観的な視覚化により、エンジニアはソフトウェアの理解、トラブルシューティング、最適化を容易に行うことができます。ポジティブワン株式会社は、多くのベンダーの組み込み向けのインサーキットエミュレータ、トレース機能を含む組み込み向け開発ツール販売をしており、多くのソフトウエア開発から検証で求められる最高のソリューションの販売権を得ました。Percepio社の日本総代理店として販売およびサポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

この記事に関連するニュース一覧

“ポジティブワン株式会社”のリリース一覧

ポジティブワン株式会社の企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2019 newsnavi.jp