」" />" /> 」" />" />」" />">
ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











株式会社アクティビティジャパン

アクティビティジャパン 旅ナカの予約APIの提供開始 第一弾はTRAVEL Nowに導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
'19/01/30 13:00
提供元:DreamNews
旅行
レジャー
趣味
スポーツ
プラットフォーム
訪日旅行者
繁体字
株式会社アクティビティジャパン
小川雄司
アクティビティ商材
この記事をブックマークへ追加する
株式会社アクティビティジャパン(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:小川雄司、
以下アクティビティジャパン)は、日本全国のアクティビティ・伝統文化体験・ものづくり・観光施設チケットなどを取り扱う予約プラットフォーム「アクティビティジャパン」に掲載している約14,000プランの情報を、自社以外のプラットフォーム上で予約まで可能なAPI(※1)の提供を開始致しました。その第一弾として、株式会社バンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:光本勇介)が提供する、あと払い専用の旅行代理店アプリ「TRAVEL Now(トラべルナウ)」に1月29日(火)より導入したことをご報告致します。

アクティビティジャパンの予約APIを利用することで、自社サイトの商品のようにアクティビティ商材を掲載、露出し、予約させることができます。ユーザーを自社サイトから一度も離脱させることなく、予約まで完結させることが可能となります。

具体的には旅行会社、OTA、メディアや自治体などのホームページやアプリ内で、既に取り扱っているパッケージツアーや各地域の情報と共に、日本全国のアクティビティ、遊び体験の予約導線を構築しご利用いただくことができます。
旅ナカの体験に注目が集まる中、旅行先のレジャーなどの情報収集を目的とする旅行者やサイト・アプリ閲覧者に対して更なる付加価値の提供をし、ユーザビリティの向上と結果的に各地域への効率的な誘客や観光消費額の向上も期待できます。
その他にも様々な業界やプラットフォームでご活用いただくことを視野にいれ、導入を進めてまいります。
また、アクティビティジャパンは日本語サイトの他に、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語の計5言語でサイトを展開しております。2018年に約3,200万人となった訪日旅行者ですが、2019年以降もますます訪日旅行者向けのプロモーション活動は加速していくことが予想され、弊社予約サイトにおいても日本各地域へ誘客するにあたり各国の母国語でのサービス展開に注力をしております。
現在前述した言語に対応した『多言語版の予約API』の開発を進めており、海外OTAなどの連携で弊社のアクティビティ商材を提供することによって、日本を訪れる多くの旅行者に対しても「旅マエ」のサポートが可能となりシナジーを創出できると考えております。
今後も日本各地域の魅力溢れる体験アクティビティをグローバルにあらゆるタッチポイントから旅ナカの価値のご提供が出来るように、予約APIの様々な利用方法を想定して、機能改善に努めてまいります。

(※1)APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略語であり、ソフトウェアの機能を共有する仕組みです。

【株式会社アクティビティジャパン】
本社 :東京都新宿区新宿1丁目34番5号VERDE VISTA 新宿御苑2階
代表者:代表取締役 小川 雄司
URL:https://activityjapan.co.jp

【サービスサイト】
アクティビティジャパン
日本語:https://activityjapan.com
英語 :https://en.activityjapan.com
中国語(繁体字):https://zh-cht.activityjapan.com
中国語(簡体字):https://zh-chs.activityjapan.com
韓国語:https://ko.activityjapan.com
タイ語:https://th.activityjapan.com

▼本件に関する観光施設・企業様からのお問い合わせ先
株式会社アクティビティジャパン
電話番号 TEL:03-6862-8211
メールアドレス:support@activityjapan.com

この記事に関連するニュース一覧

“株式会社アクティビティジャパン”のリリース一覧

株式会社アクティビティジャパンの企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2019 newsnavi.jp