」" />" /> 」" />" />」" />">
ニュースナビは最新のリリース情報を分かりやすくまとめた情報配信サイトです。
メイン
お気に入りタグ
お気に入りタグが
追加されていません
RSS配信

新着記事











株式会社アクティビティジャパン

「訪日旅行者 春節期間 アクティビティ予約ランキング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
'19/02/08 18:00
提供元:DreamNews
旅行
レジャー
趣味
スポーツ
アクティビティ
訪日旅行者
繁体字
アジア圏
株式会社アクティビティジャパン
小川雄司
この記事をブックマークへ追加する
株式会社アクティビティジャパン(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:小川雄司、以下アクティビティジャパン)は、2019年2月7日(木)までの弊社予約データを元に「訪日旅行者 春節期間 アクティビティ予約ランキング」を発表いたします。

2月5日(火)に旧正月を迎え、2019年度の春節は2月4日(月)~2月10日(日)の最大10連休となったアジア諸国ですが、香港からの訪日旅行者数がトップになりました。
香港からの旅行者は新千歳空港にローコスト・キャリアで来日し、札幌・富良野を中心に「熱気球」や「パラグライダー」などの北海道の大自然や絶景を目的とした個人旅行者が多く見られます。
また、一方で、同じアジア圏でも台湾や近年、訪日旅行者数が大幅に増加しているシンガポール、フィリピン、マレーシアといった東南アジア諸国からの旅行者に関しては、世界自然遺産である知床での「スノートレッキング」や網走の「氷上ワカサギ釣り」、長野のスキー場での「バックカントリー」など、『雪』をメインとしたアクティビティに人気が集中しております。ランキング2位のオーストラリアに関しても同様で、特に北海道江別市での「雪上ドリフト」体験は、海外ではあまり見られない北海道ならではの『広い大地』『長い道』をドライブするような感覚で疾走感溢れる非日常体験ができることからご好評をいただいております。その他、栃木県日光の雲竜渓谷の氷瀑「トレッキング」など、冬季ならではの季節性があるプランが人気上位となりました。
■旅行先エリア・種目別ランキング
旅行先としても冬の北海道は不動の人気であり、スノーシューやスノーモービルなど
定番「雪」アクティビティは、自国に雪が降らないアジア圏の旅行者に人気です。最近では、ただ参加するだけでなく、GoProやドローン、一眼レフなどを持参してご自身や同行者が体験する様子を動画で撮影しその場でフェイスブックやインスタグラムにアップし、家族や友人にシェアする方が多く見られます。外国人においては、日本人以上にSNSを媒体とした情報発信が進んでいることが伺えます

また、都市部においては、大相撲1月場所が終わり次場所までの期間と春節期間がちょうど重なることから、「相撲体験」「相撲見学」プランがランキング上位となりました。こちらも単純に見学をするだけでなく、日本の風土や相撲の歴史について学べ、実際に『まわし』をして力士と一緒に『すり足』を体験した後に『ちゃんこ鍋』を一緒に食べたりと、時間や経験をその場にいる人と共有し、人と人とが触れ合えるストーリー性のあるプランが非常に人気です。
日本人のアクティビティ体験の予約時期は、旅行開始の1週間前や旅行中など、直前予約が主流と言われていますが、訪日旅行者に関しては早めに計画を立て、事前に予約する傾向が高く、早い方では、春節の約4ヶ月前である昨年10月から予約をされている方も見られました。全体の約3割の方が参加日の1ヶ月前までに、約半数の方が2週間前までに予約を完了させており、春節期間が始まってからの予約は全体の約15%に留まっていることから、旅行の目的を明確にし、旅先の情報や遊び方を前もって調べて来日される旅行者が多いことが伺えます。

アクティビティジャパンでは、日本各地の魅力・楽しみ方を各国の母国語で閲覧し、予約可能な環境にすることによる顧客満足度の向上を目的とし、現在、5言語(日本語、英語、繁体字、簡体字、タイ語、韓国語)の多言語サイトを展開しております。すでに、春の桜シーズンや夏の花火大会などを訪れる屋形船やバスツアーなど、日本の『四季』を楽しむ体験プランへのお問合せを多くいただいており、訪日旅行者を早期に取り込むことは、利用者の旅行への満足度を上げると共に、各地域への誘客と観光消費額の向上にも繋がります。体験を通じて、世界中のお客様に新たな気付きを与え、日本を好きになり、リピートしていただく「きっかけ」となるよう、アクティビティジャパンは、今後も各地域の自然資源、伝統文化を活用した様々なプランをご紹介して参ります。

【株式会社アクティビティジャパン】
本社 :東京都新宿区新宿1丁目34番5号VERDE VISTA 新宿御苑2階
代表者:代表取締役 小川 雄司
URL:https://activityjapan.co.jp/

【サービスサイト】
日本語:https://activityjapan.com/
英語 :https://en.activityjapan.com/
中国語(繁体字):https://zh-cht.activityjapan.com/
中国語(簡体字):https://zh-chs.activityjapan.com/
タイ語:https://th.activityjapan.com/
韓国語:https://ko.activityjapan.com/
【観光施設・企業様からのお問い合わせ先】
パートナーお問い合わせ担当 TEL:03-6862-8211

この記事に関連するニュース一覧

“株式会社アクティビティジャパン”のリリース一覧

株式会社アクティビティジャパンの企業詳細情報を見る

当サイトについて利用規約
Powered by SpotNavi
© 2016-2019 newsnavi.jp